探偵物語.com

悪徳探偵社を見破れ!

もし自分に何か悩みがあったとして、探偵へ調査を依頼するときには、慎重に探偵社を選ばなければいけません。それには、悪徳業者だったり素人の探偵が多くいたりするからなのです。

悪徳探偵社に注意!

今、私達が住んでいる日本国内には、探偵社や興信所などの業者は約3000以上あるとされています。なんで、これほど多くの探偵業者がいるの?かというと、日本では調査の仕事を開業するのには、免許や資格などがいらないので、誰でもすることが出来てしまうからなのです。
それに伴って、近くに探偵社を利用する人が少なくなったり、口コミなどで情報を集めたりするのも困難になってきているのが現状だとされています。

それにつけこんで、お金をだましとるような悪徳探偵社が増えてきているのです。

悪徳業者の見分け方

事務所の住所や、代表者の名前が明確ではない

事務所の住所がはっきりわからない、電話番号が固定回線ではなくて携帯電話だったりする場合もあるので、そのような探偵社には注意が必要です。問題が発生した場合、責任を問うべき会社の住所がハッキリしていなければ取り返しのつかないことになりかねません。

相談や報告を事務所で行なわない

相談者が事務所での面談を希望しているのに、面談を断る探偵社は注意が必要です。住所がはっきりしていない典型的なパターンとなります。

見積もりなどをきちんと発行しない

見積もりなどをきちんと発行することは探偵社としては当たり前のことです。書面にすることによって契約の内容をはっきりすることが出来て、万が一トラブルがあった時などに役立ちますょ。

費用がハッキリしていない

費用は調査の内容によって、大きくなればなるほど金額は違ってきます。初めて探偵社へ依頼をするときはきちんとした金額無くを出すには少し難しいようです。でも、あまりにも安くて費用が曖昧となっている探偵社は注意が必要です。

面談に印鑑

面談の時に印鑑を持参してという探偵社は、契約などを急いでさせる探偵社と言ってもいいでしょう。また、そんな探偵社は、調査の費用を確保するために保険などを解約でお金を確保させたり、金融会社などでお金を借りさせて、借金をさせるという探偵社も中にはいるそうです。

架空の協会などに加盟している

単独ではなくてなんらかの協会に加盟をしていると宣伝をしている探偵社もあるそうです。その大半は架空や協会は実際にあったとしても一社で経営をしているなどという場合があるのです。こういったものは団体名で安心をしてはいけません。実際に調査をしてくれる人と話をして信頼の出来る人なのかを確認したほうがいいでしょう。

最後に

悪徳な業者による被害は増加してきているようです。探偵業法が出来た事となると業界の浄化に大きな全身をしていると言えますが、でも違法業者や悪徳な探偵社はいます。なので、探偵へ依頼をする際には、きちんとした業者撰びが必要となってきます。

recommend

最終更新日:2015/4/8